生活改善応援企画

私も自分がヨガをはじめたころ、何が本当のヨガなのか、自分が必要なヨガなのかよくわかりませんでした。

  

ヨガの体験レッスンを受けるときの不安や迷い

どのヨガが良いかわからない。身体が硬いからヨガ合わないと思っている方もいます。

「どれぐらいすれば効果があるのか?」

「自分の身体に無理なく続けられるか」

気になりますよね。 

私はインストラクターになって10年以上になりますが・・・

今はヨガの本質がやっと見えてきて、そのヨガの大切なことをアーサナを通じて伝えていくことが自分の役割ではないかなと感じています。

 

アーサナ(ポーズ)を繰り返し行うことでヨガの本質に気づく

外側だけを整えるのでなく、自分という存在と自分の身体を見極めて修正し、正し、不要なモノ、力はそぎ落としていくプロセスそのものがヨガなのだと気づきました。ヨガの取り組み方は、自分の生き方や物事に対するスタンスが出てしまうものなのですね(笑)

 

ヨガをはじめるのに柔軟性は必要ない

ヨガは自分を見極め、修正するプロセスです。

柔軟性を競うものでも、柔軟性を求めるもでもありません。

 

動き一つ、一つを丁寧に集中することでココロも身体も変化する

ヨガの効果を求めるのでなく、自分をまるごと受け止める時間と思ってポーズをとっていくこと。ポーズすることだけに集中することが、結果的にココロと身体を整えることにつながります。

 

 

健康のためにヨガをやってみたいけどれを選んだら良いかわからない

 ヨガにはいろいろ種類はありますが、もともとヨガの源流は一つです。

私は今、安全で安心してヨガを続ける方法として「伝統ヨガ×運動学」でヨガを伝えています。

運動学でヨガするというのは〇〇ヨガというヨガの流派ではありません。

運動学は身体を安全に動かすための知識(学問)です。

自分の身体の歪みやクセをとるために本来の骨格に戻す。そのための身体の使い方や身体の構造を学んでいくことは、日常生活で正しい姿勢を維持することにつながり、身体を強くし、心も安定させることにつながっていきます。

 

生活改善応援キャンペーン お寺ヨガ1ヶ月無料体験

一回の体験レッスンでは伝えきれないヨガの本質を1ヶ月で少しでも実感してもらいたいと思って企画しました。

▼詳しくはこちら▼

お寺ヨガ|朝ヨガ|マインドフルネス|瞑想|ヨガインストラクター|たかはしみほ
コメント: 0 (ディスカッションは終了しました。)
    まだコメントはありません。