深呼吸でココロと身体を強くする

いつまで続くコロナの影響

コロナの鎮静化。出口が見えてこない生活の中で対策することに慣れ、なんとなく警戒心が薄れてしまっていませんか?

 

<新型コロナウイルスの感染拡大の歯止めになる予防法とは?>

 

 

手軽な新型コロナウイルス対策とは?

気軽に手軽にできる新型コロナウイルス対策は「深呼吸」です。

肺を膨らませたり縮小させる筋肉である横隔膜を動かすことで、緊張時の交感神経優位な状態からリラックス時の副交感神経優位に切り替えることができます。

 

<深呼吸は副交感神経を優位にする>

 

副交感神経が優位になると・・・

締まっていた毛細血管が開き、末梢血管の血流が増えます。そこを流れる細胞を元気にする酸素や栄養素、それにウイルスを攻撃するリンパ球が多くなってウイルスへの抵抗力がアップします。

 

実は私もヨガするようになって呼吸が副交感神経を優位する=ココロと身体を穏やかにすることができるということを毎日実感しています。

ヨガや瞑想では、呼吸することだけにフォーカスできるので、自分の呼吸のクセや吸う息、吐く息のとき、どこの筋肉を使うとか意識するようになります。

 

 

ヨガの呼吸の基本は「長息」

吐く息を倍の長さにすることで自律神経を整えることができます。

 

呼吸なんて誰でも簡単にできると思いますよね?

ところが、当たり前に出来ると思っていても、いざ呼吸法やってみると苦しくて息が吐けないという方もいらっしゃるのです。

人は身体から排出するとき、基本的には下向きに流れる作用があります。呼吸法を意識的に吐き出すということは、普段下向きの作用を逆転させる力が必要になるということです。深呼吸は丁寧にゆったりと毎日繰り返すことで身につきます。

 

ではここで、呼吸の働きについて解説しましょう。

呼吸とは、空気を肺に取り込み、肺から吐き出すこと

生物の根源的な活動の一つである呼吸の過程は・・・

「肺への空気の出し入れ」は、身体の二つの腔の動きを伴います。

 

二つの腔とは・・・「胸腔」「腹腔」

胸腔には、肺と心臓。腹腔には胃、肝臓、胆嚢、脾臓、膵臓、小腸、大腸、腎臓、膀胱があります。「胸腔」「腹腔」の後ろに脊柱。どちらにも外部への開口部があります。

そして、二つの腔は、横隔膜という重要な筋肉を共有しています。

 

横隔膜は腹腔の屋根。胸腔の床

二つの腔の動きがあって呼吸つながっていく

 

二つの腔の共通する重要な性質があります。

可動性とは形状を変える能力のこと。

それは、可動性。二つの腔に可動性がなければ呼吸できません。

 

呼吸するときの腹腔は柔軟に形が変わる

腹腔は、水風船のように液体で満たされた構造で水風船を絞っても、もう一方へ移動するだけ。腹式呼吸するとき、ある部位をへこませたとしら、別の部位が膨らむということで容積は変わらないのです。

ところが、呼吸以外の生命活動では、腹腔の容積は変化します。

 

食べ過ぎ、飲み過ぎは、胃や膀胱など腹部の臓器の拡張により腹腔の容積が増えるということ。腹腔が押し上げると、胸腔の容積が減ります。ということで、満腹時、排便前、妊娠中は呼吸しにくくなります。腹腔に「スカ=ほどよい空間」がなければ、内臓もギューギューなので働きにくい環境になってしまうということです。

 

 

呼吸による胸腔の変化

胸腔は呼吸によって形状も容積も変化します。

アコーディオンと同じように胸腔は圧縮も拡張も可能です。

 

呼吸による三次元的な形状の変化

肺の空気を動かすために空間の形状を変化させるということ。

吸息は胸腔の容積を上下、左右、前後に増加させ、吐く息は肺の容積が3次元的に減少します。

 

さらに胸腔の形状変化は必然的に腹腔の形状変化につながります。

つまり、上下、左右、前後に押され、引き込まれ、胸腔の形状変化は腹腔の形状変化なしには起こりえません。

 

つまりどういうことかと言うと・・・

   腹部の健康状態は呼吸の質に大きく影響する

   呼吸の質が悪いと腹部器官の健康状態に大きく影響を及ぼす

お互いに影響し合うからこそ、どちらの健康を守っていかなければならないということです。

 

普段の呼吸を観察してみると・・・

仕事や勉強などで緊張が続いたときはヨガ、呼吸法、瞑想で緊張を緩めることができます。

 

長時間椅子に座っている、デスクワーク中心の人が注意すべきこと

背筋が丸くなるような悪い姿勢になると、肺に空気を入れるために働く横隔膜と胸郭の動きが悪くなります。

しかも、デスクワークで活動量が減ると息を弾ませるような呼吸をしなくなり、呼吸のための筋肉が衰えて深い呼吸ができなくなります。すると横隔膜が動く機会が減りやがて横隔膜と胸郭が動きにくくなるのです。

 

地球上で呼吸していく限り、呼吸と重力の調和が求められる

姿勢を整えることは重力の力を調和することにつながり、ココロと身体が安らぎをもたらしてくれます。

ヨガは呼吸と姿勢のバランスを整えることができる「技術」なのです。